売却する選択肢もある|夢の飲食店の開業が叶う日|プランを十分に練る事が鍵

夢の飲食店の開業が叶う日|プランを十分に練る事が鍵

売却する選択肢もある

会社

会社を継続させることはとても難しいことです。企業の寿命は一般的に30年といわれています。どの程度大きくするかなどビジョンは社長の考え方次第ですが、大きくなれば舵の取り方が難しくなることもあります。成長している最中に会社を売却することを検討する場合もあります。ベンチャー企業など小さな経営を望む場合、その事業が成長期にある最中に売却し、大きな利益を得る方法もあります。会社の事業が横ばいや右肩下がりになっているケースでは会社を買い取ってくれるパートナー企業はなかなかいないのです。会社売却は時期やタイミングがとても重要なポイントです。会社が会社を買う行為はいわば投資行為です。自ら事業を始める方がコストがかからないからです。

そのため魅力のある状態でないと会社売却は成功しないのです。会社売却で得た資金で新たに事業を始めることもできます。また早期にリタイヤすることも可能です。もちろん他の社員などのことは真剣に考慮することが礼儀なのですが、会社売却によって大きな利益を得る機会はそんなに多くありません。事業は水物であり、翌年には需要がなくなることも多々あります。そのためどのタイミングで売却するのかは経営者のさじ加減になるのです。今や企業のM&Aは盛んに行われています。事業のみならず会社全体を売却することも珍しくはなく、事業の存続方法のひとつとして会社売却を検討する経営者も少なくないのです。もちろんM&A先の会社は日本だけではなく海外も視野に入れる必要があります。